集団ストーカー 大学生 集スト 相談対策

集団ストーカーの構成員はさまざまです。対象者にもよりますが、男女を問わず不特定多数の人物で分かりにくく構成されていることが多いでしょう。一般人とストーカーの区別がつかないように巧妙に人員の選定を行われているケースもあります。集団ストーカーでお困りの方は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。

 

犯人は血が滴るほどのケガか 上智大生殺害

東京都葛飾区の上智大生殺害事件は、9日で発生から19年たつことになります。
この事件現場には犯人のものとみられる血液が残っていたが、その量の多さから犯人が血が滴るほどのケガをしていた可能性が高いことがわかったようです。

この事件は、1996年9月9日、上智大学の4年生だった当時21歳の女性が、葛飾区柴又の自宅で何者かに首などを刃物で刺されて殺害され、そして放火されたものです。

事件の放火に使われたとみられるマッチ箱や、遺体にかけられていた布団から犯人のものとみられるA型の男の血液が検出されています。
布団から検出された血液の量を分析した結果によると、犯人は血が滴るほどのケガをしていた可能性が高いことが新たにわかったのだそうです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

集団ストーカーや監視ストーカー被害においても、犯人の特定が難しい事があります。
諦めずに証拠を取りに行きましょう。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 大学生 集スト 相談対策
Tagged on:                             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA