集団ストーカー 人食いバクテリア 集スト対策

集団ストーカーのターゲットになると、あらゆる場所で監視され付きまといの被害に遭います。
学校や職場、病院にも付いて来ることがあるようです。スーパーやコンビニにも行けない被害者からのご相談が増えています。
ネットショッピングを利用する方も多いでしょうが、個人情報の管理に注意しましょう。
集団ストーカーのご相談は集団ストーカー対策センターへご相談ください。

 

「人食いバクテリア」今年の患者数279人 過去最多

「人食いバクテリア」とも呼ばれ急激に手足が壊死し、死に至ることがある「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」をご存知でしょうか。
今年の患者数が279人となり、過去最多となったことがわかりました。

「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」は主に「A群溶血性レンサ球菌」の感染によって引き起こされ手足の筋肉が急激に壊死していきます。
多臓器不全などになることもあり、なんと致死率はおよそ30%にのぼることから「人食いバクテリア」とも呼ばれています。

国立感染症研究所によると、今年は今月9日までで患者の数がすでに279人にのぼり、
1999年以降で過去最多となっています。
都道府県別では、東京が44人、大阪が28人などとなっています。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

重要なことが無い限り、病院などは避けたいですね。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 人食いバクテリア 集スト対策
Tagged on: