集団ストーカー 空き家問題

人口の減少が大きな問題になっているようです。
それは、空き家問題です。
危険な状態の空き家の所有者に対し、市町村が修繕や撤去を命令できる
「空家対策特別措置法」が5月末に全面施行されました。
命令に違反した場合の罰則規定もあるようです。
これは自治体にとって強力な武器です。
綿密な実態調査を行い、所有者を特定して交渉を重ねる必要があります。

 

集団ストーカー 空き家 近隣トラブル

空家対策特別措置法は、倒壊の恐れがあったり、
不衛生で著しく景観を損ねている――などに該当する空き家を「特定空き家」と定義しています。
自治体の判定により、所有者に助言や指導、勧告、命令を出すことができることになります。
同法は自治体に対し、調査や空き家データベースの整備、対策計画の策定などを促しています。

奈良市は早速、データベース作りに着手した。水道利用の有無などを調べたうえで、今月末から測量会社に約400万円で委託して実地調査に入る予定のようです。
大阪府松原市も、実態調査費として680万円の予算を計上しており、
和歌山市も、1000万円の予算を確保して8月から調査を進めるといいます。
香川県多度津町では政策企画課の2人が空き家業務を担当するが、他の業務との掛け持ちで、新たに雇用するのは予算面で難しいと言います。

総務省の2013年の調査によると、全国で約820万戸に上るようです。
このうち長期間にわたる空き家は、別荘や賃貸・売却用などを除いた約318万戸で、
03年の約212万戸から1.5倍に増えています。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

空家の問題は、近隣トラブルにもなっています。
誰も住んでいないはずなのにゴミが散乱している空家も多く、
周辺住人にとっては不安材料でしょう。

嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

※メールで返信しておりますので設定やアドレスの確認をしてください。

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 空き家問題