集団ストーカー 車両で合図 監視対策

集団ストーカー、組織スト―などによる監視行為に車両が利用されているケースがあります。
車のナンバープレートなどに注意していると気付く被害者も多く、何らかのサインであるという被害者もいます。
集団ストーカーによる監視行為には工作員が数多くおり、手法も様々です。盗聴や盗撮だけではなく近くで見はられていることも。監視対策は必要です。

 

合図 サイン 霊きゅう車をネット競売 京都

ひつぎを乗せる車体後部に御輿(みこし)に似た装飾を施した「宮型」の霊きゅう車が姿を消しつつあるそうです。
この背景には人の死を連想させるデザインを忌避するなど葬送に対する市民の意識の変化があるとみられるのだとか。
落ち着いた装いの「洋型」が主流になる中、町営火葬場への運行サービスで宮型を所有する京都府与謝野町も売却のためインターネットオークションに出品しているようです。
町によると、霊きゅう車のネットオークションは全国的に珍しいそうです。

京都運輸支局によると、府内での営業用(緑ナンバー)の宮型の登録は10月末現在で16台しかなく、洋型の208台と比べて圧倒的に少ないそうです。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴盗撮 監視 冷やかし

ミラー番号や連番など特徴的な番号の車に注意を払っている被害者もいます。
嫌がらせ、監視対策、集団ストーカーの対策は、集団ストーカー対策センターへご相談ください。
組織的な犯行である可能性もあります。
電磁波トラブルのご相談も増えています。
※無料相談はしていません。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

性別 (必須)

年齢 (必須)

お住まい (必須)

検索ワード (必須)

内容

メッセージ本文

※ メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
  お返事が出来ない場合がございます。
  無料相談はしておりませんのでご了承下さい。

集団ストーカー 車両で合図 監視対策
Tagged on: